ロゴ
>イチオシ情報>学生が選ぶべき賃貸物件の条件とは?快適な学生ライフを送ろう

学生が選ぶべき賃貸物件の条件とは?快適な学生ライフを送ろう

部屋

大学進学などが決まって一人暮らしデビューを控え、賃貸物件を探すのはなかなか楽しいですよね。ただし、物件の立地は「駅から近い」だけではなく、学生の場合は「学校からの距離」も重要です。結論から言うと、学校を徒歩で行き来できる物件は避けるべきです。第一に近いということに甘えて遅刻のリスクが上がるケースがあります。これは自己管理の範疇なので、問題の無い人には当てはまりませんが、楽な方に流れやすい人は注意すべきです。第二に、サークル等に所属していると想像しやすいですが、いわゆる「たまり場」にされてしまうケースがあるのです。よほど人寄せが好きなタイプであれば問題は無いのですが、学生の本分は学業です。日々のレポートや課題に集中するためにも、自分ひとりの空間は確保しておくのがベストでしょう。

学生にとって快適な生活とは、キャンパスライフを謳歌することももちろんですが、自宅で規則正しく清潔な生活を送ることも肝要です。これまで住んでいた場所と比べて、質が落ちるようでは快適さとは程遠いものになってしまいます。そこで賃貸を探す際には周辺の生活環境に注意しましょう。具体的には騒音と日照です。騒音は、直接的に睡眠の質に影響します。睡眠がデリケートな人は、大通りに面した物件を避けて一本奥まった物件を選択するなど工夫しましょう。次に日照時間です。単純に洗濯物の乾き具合というのではなく、快適な生活には太陽が不可欠なのです。特に朝日には、朝起きて一番に浴びることで体内リズムを正確に調整してくれるという働きがあります。毎日を快活なものにするために、物件探しにはこのようなポイントをチェックしましょう。

部屋